心理的安全性の向上

こんな課題はありませんか?

  • マネージャーばかり発言し メンバーからの意見が出てこない

    マネージャー マネージャー
  • テレワークの状況下で 退職率が高くなっている

    人事部長 人事部長

このような状態の場合
“チームの心理的安全性が低い”
可能性があります

心理的安全性とは?

心理的安全性は、組織・チームの状態を表す言葉です。

単にメンバー同士が仲良い「ぬるま湯」的なチームではありません。

  • 組織/チームの誰もが、地位や経験に関わらず、素直に意見や素朴な疑問を呈せる状態
  • 意見や疑問を呈しても否定されず、その後の関係について悪化しないと安心して発言できる状態
近年では金融庁の「金融行政のこれまでの実践と今後の方針」でも心理学安全性が登場するなど、さまざまところで注目を集めています。

2015年にGoogle社が、「心理的安全性は成功するチームの構築に最も重要なものである」と発表したことで心理的安全性の高さが重要視されるようになりました。近年では金融庁の「金融行政のこれまでの実践と今後の方針」でも心理学安全性が登場するなど、さまざまところで注目を集めています。

心理的安全性が低い状態

心理的安全性が低い状態

  • メンバーが発言せず重要な課題が発見されなくなる 隠ぺいリスク・報告漏れ・イノベーションが起きない
  • 心配ごとを相談しづらい環境 メンバーがストレスを感じ、会社に居づらくなる
心理的安全性が高い状態

心理的安全性が高い状態

  • メンバーが発言しやすく、意見交換が増える お互いに学びの機会が多くなり、チームの生産性が上がる
    新しい視点や挑戦が生まれる機会が増える
  • 悩み事を相談しやすい環境 すぐに悩みの共有や解消ができ、就業意欲が高まる

Unipos独自調査では以下のような調査結果が出ています。

心理的安全性が低下すると、従業員の就業継続意欲の低下を引き起こす

心理的安全性が低下すると、従業員の就業継続意欲の低下を引き起こす ※出典:Unipos株式会社「 仕事と心理的安全性に関するアンケート」​

心理的安全性を高めると、業務や職場での改善提案をメンバーから引き出せる

心理的安全性を高めると、業務や職場での改善提案をメンバーから引き出せる ※出典:Unipos株式会社「コロナで多くの人の働き方が変化した今、仕事と心理的安全性について」
※調査の前提心理的安全性が「話しやすさ」「助け合い」「挑戦」「新奇歓迎」という4つの因子で構成されていると考え、4因子を測定する為の20個の設問結果を、1~7ptで計測し平均値として算出したのがPSJ値(心理的安全性スコア)です​​

Uniposは感謝や称賛・激励の気持ちを伝えやすくし、
チームの心理的安全性を高めます。

  • メンバーへの感謝や良かった行動をUniposへ投稿する

    上司部下関係なく、感謝や称賛を伝え一人ひとりが発言しやすい土壌を形成します。

    メンバーへの感謝や良かった行動をUniposへ投稿する
  • オープンな場所での称賛が増え、
    組織全体に望ましい行動が広まる

    テレワークや部署に関わらず、離れた環境にいるメンバーの称賛や貢献も広まります。

    オープンな場所での称賛が増え、組織全体に望ましい行動が広まる
  • 挑戦や発言のハードルが下がり、
    対人リスクの抑制につながる

    上司、メンバー間の積極的な意見交換が促進されます。

    挑戦や発言のハードルが下がり、対人リスクの抑制につなが
  • 組織やチーム内で意見交換が増え、
    チームや組織レベルが上がる

    Uniposの利用を定着させることで
    心理的安全性が高いチームづくりが期待できます。

    組織やチーム内で意見交換が増え、チームや組織レベルが上がる
導入前
導入前

メンバーの発言が少なく、現場の課題が特定できない。
テレワーク下で離職率が高まっている。

導入後
導入後

チームで積極的な意見交換がされ、組織レベルが上がる。
気軽に相談できる環境でメンバーの就業意欲が高まる。