attention

Unipos

ウェビナーお申し込み

VUCA時代も成果を出せる
チーム構築のプロが語る
"中間管理職が動かない!"
への正しい対処法

  • カレンダー10月15日開催
  • 料金無料
400社以上の組織課題を解決してきたUnipos代表が語る変化に強い自律型組織のつくり方3ステップ徹底解説

自律的に動き、チームの力を最大限引き出し、成果を上げる中間管理職はどうしたら生まれるのかー?
Amazon「企業革新」「マネジメント・人材管理」部門1位!「心理的安全性のつくり方」著者が語る「中間管理職が動かない!」への正しい対処法
「経営会議・上級管理職会議で決められたことが、なかなか実行に移されない…」
「指示したことがそもそも現場に伝えられていない…」

テレワーク長期化により、経営の意図を現場までスピーディーに届けることがより難しくなったと感じる方も増えているのではないでしょうか。経営と現場の結節点である中間管理職の動きが鈍ければ、変化への素早い対応が求められるVUCA時代、組織として成果を出し続けることは困難です。

急務ともいうべき自律的に動く中間管理職を生み出すため、私達は何をすべきなのか?そんな問に対し今注目を集めるのが「心理的安全性」です。Googleが生産性の高いチームに最も重要であると結論づけ、急激な変化の中でも成果を出し続けるチームの必須要素と言われる「心理的安全性」は、実は動かない中間管理職を動かす上でも、非常に重要なカギを握っています。

本ウェビナーでは、Amazon「企業革新」「マネジメント・人材管理」部門で1位を獲得した『心理的安全性のつくり方』著者石井氏をお招きし、なぜ「心理的安全性」で中間管理職が動きだすのか、VUCA時代にも成果を出すチームに必要なのかを紐解きつつ、石井氏考案の気付きのワークによる目から鱗の体験を通し「中間管理職が動かない理由」を実感、明日からの実践につながる学びをお持ち帰りいただける1時間です。皆さまぜひご参加ください!

ウェビナー概要

プログラム

  1. 中間管理職はなぜ動かないのか?
  2. 動き出す管理職を作る心理的安全性
  3. 目から鱗「中間管理職が動けない理由」実感ワーク
  4. まとめ
  5. ※当日はzoomにて質問も受け付け、随時回答させていただきます。

3つの見どころ

  1. 心理的安全性の専門家石井氏考案の気付きのワークで「中間管理職が動かない原因」がわかる・実感できる
  2. 自走して成果を出す組織に欠かせない「心理的安全性」を専門家から学べる
  3. 今日から実践できる具体的な学びを持ち帰ることができる

このような方におすすめです

下記に1点でも当てはまる方は、
ぜひご参加ください。

  • 中間管理職がどうしたら動くのかわからず悩んでいる上級管理職の方、人事の方
  • VUCA時代にも成果を上げる、変化に強い組織をつくりたい方
  • 中間管理職と現場が自律的に動く自走する組織をつくりたい方
  • 事業責任者や人事として、組織の体制づくりなどミッションをお持ちの方
開催日時
2020年10月15日(木)10:00-11:00
登壇者
株式会社ZENTech
取締役
石井 遼介氏

東京大学工学部卒。シンガポール国立大 経営学修士(MBA)。神戸市出身。
「心理的安全性」の研究者として、チーム・組織のパフォーマンスを科学し「心理的安全性」の計測尺度・組織診断サーベイを開発すると共に、ビジネス領域、スポーツ領域で成果の出るチーム構築を推進する。2017年より日本オリンピック委員会より委嘱され、オリンピック医・科学スタッフも務める。著書に『[心理的安全性のつくりかた』(日本能率協会マネジメントセンター)がある

Fringe81株式会社
執行役員 兼 Uniposカンパニー社長
斉藤 知明

東京大学機械情報工学専攻。学業の傍ら株式会社mikanにて、CTOとしてアプリ開発・組織運営に従事。Fringe81株式会社に入社、Unipos事業責任者を務める。
2017年12月、Unipos株式会社代表取締役社長に就任。2019年4月には、Fringe81株式会社の執行役員に就任。2020年10月より現職。
過去起業時のチームづくりの経験と、上場企業経営者の視点を合わせながら、多様な個性を持つ東京本社・ドイツ子会社総勢80名以上のメンバーを率いる。組織づくりのモットーは「自律的な意思決定を促す権限委譲」
参加費用
無料
定員
500名
参加方法
Zoom
お申し込み完了後、当日の1週間~3日前を目安に当日アクセスいただくzoomのURLをお送りします。
当日お時間になりましたら、当該URLにアクセスの上、セミナーにご参加ください。

お申し込みフォーム

本ウェビナーの受付は終了いたしました。