attention

Unipos

ウェビナーお申し込み

  • カレンダー11月26日開催
  • 料金無料
【組織改革PJ担当者必見】 ー離職率28%から4%へ。サイボウズ人事トップの中根氏が語るー  「バラバラ組織」から「共創する組織」への転換法

【組織改革PJ担当者必見】どんな組織だって、最初から上手くいってたわけじゃない!離職率28%⇒4%を実現、サイボウズの組織改革に奔走してきた人事トップ中根氏が語る「バラバラ組織から共創する組織」への転換法とはーー?

「以前よりもコミュニケーションが取りにくくなった」、「部署間の連携が更に弱くなった」、「出社が減り企業文化・理念を伝えていくのが困難になった」…コロナ禍以降、以前から抱えていた組織課題の深刻化に危機感を募らせている方は決して少なくないでしょう。急激な変化にいつ再び晒されるとも知れない不確実な時代、放置すれば組織の分断を進めるこれら課題に向き合い、バラバラではなくしなやかに結束し、コラボレーション溢れる共創する組織になるために、今私達は何をすべきなのでしょうか。

本ウェビナーでは、サイボウズ人事トップの中根氏をゲストにお迎えし、過去様々な課題を抱えバラバラになりかけていたサイボウズが、チームワーク溢れる組織に変わるまでのリアルな変遷を紐解いていきます。不安や葛藤を抱えながらも組織改革に取り組み続けた中根氏の経験から、課題が山積する組織を“共創する組織”へと生まれ変わらせるために必要な思考・方法・そのコツに迫る、組織改革プロジェクト担当者必見の1時間です!

参加者さまからのリアルタイムな質問、コメントにもお答えしながら進行するインタラクティブな場ならではの、気付きと実践のヒントに溢れたUniposウェビナーにぜひご参加ください!

ウェビナー概要

プログラム

  1. コロナ禍以降、組織が直面する壁
  2. サイボウズが100人100通りの働き方を実現するまで
  3. 今こそ“共創する組織”が求められる理由(ディスカッション)
  4. Q&A
  5. ※当日はzoomにて質問も受け付け、随時回答させていただきます。
    ※内容調整中につき、プログラムは変更になる場合がございます。

見どころ

  1. 組織課題が山積していた時代から、100人100通りの働き方を実現するまで、サイボウズの組織改革のリアルが聞ける
  2. バラバラだった過去があるからこそ語れる”チームワーク”、”コラボレーション”の価値。コロナ以降大切にしたい組織づくりのヒントが満載!

このような方におすすめです

  • 「コロナ禍以降の目まぐるしい変化の中で、部署間や従業員同士の連携が弱まっていると感じている」
  • 「部門同士の連携を強化し事業スピードを向上させたい」
  • 「働き方・価値観の多様化が進む時代に、組織の理念やカルチャーをどう保つかを知りたい」
  • 「事業責任者や人事として、組織の体制づくりなどのミッションを持っている」
開催日時
2020年11月26日(木) 10:00~11:00
登壇者
サイボウズ株式会社
執行役員 人事本部長兼法務統制本部長
中根 弓佳氏

1999年、慶応義塾大学(法学部法律学科)卒業後、関西の大手エネルギー会社に入社。
2001年、サイボウズ株式会社に入社。知財法務部門にて著作権訴訟対応、契約、経営、M&A法務を行った後、人事においても制度策定や採用を中心とした業務に従事。法務部長、事業支援本部副本部長を歴任し、財務経理などを含め、これら全般を担当する事業支援本部長に就任。2014年 8月より執行役員、2019年1月より人事本部長 兼 法務統制本部長(現任)。

Fringe81株式会社
執行役員 兼 Uniposカンパニー社長
斉藤 知明

東京大学機械情報工学専攻。学業の傍ら株式会社mikanにて、CTOとしてアプリ開発・組織運営に従事。Fringe81株式会社に入社、Unipos事業責任者を務める。
2017年12月、Unipos株式会社代表取締役社長に就任。2019年4月には、Fringe81株式会社の執行役員に就任。2020年10月より現職。
過去起業時のチームづくりの経験と、上場企業経営者の視点を合わせながら、多様な個性を持つ東京本社・ドイツ子会社総勢80名以上のメンバーを率いる。組織づくりのモットーは「自律的な意思決定を促す権限委譲」
主催
Fringe81株式会社 Uniposカンパニー
参加費用
無料
参加方法
Zoom
お申し込み完了後、当日の1週間~3日前を目安に当日アクセスいただくzoomのURLをお送りします。
当日お時間になりましたら、当該URLにアクセスの上、セミナーにご参加ください。

過去ウェビナー参加者様の実際の声

  • 参加者様の実際の声

    「whyの再設定や、感謝の言葉の伝え方、管理職自身が共通の目標を腹落ちするなど、色々と気づきがありました。課長にフィードバックして、部の活性化に繋げてみようと思いました。」(ITインフラ・事業部長)

  • 参加者様の実際の声

    「初めて貴社のセミナーに参加しました。管理型から自律支援型マネジメント、弊社に当てはめてみても管理型になってしまっているな、と改めて感じ目からウロコでした。」(ソフトウェア開発・人事役員)

  • 参加者様の実際の声

    「次に進むべき方向を示してもらえたと感じる講演でした。ありがとうございました。テレワークだから出来ないのではなく、これまでも出来ていなったけど、職場という強制的な場で何となくやれていたとの話はしっくりきました。」(ソフトウェア開発・事業部)

お申し込みフォーム

本ウェビナーの受付は終了いたしました。