attention

Unipos

あなたの組織を
一歩前へ進めるウェビナー
ONE TEAM Labお申し込み

危機に強い組織の
意外な共通項とは

5/28開催 危機に強い組織の意外な共通項とは

コロナショックにより多くの企業がテレワークを余儀なくされ、それに伴い生産性の低下が叫ばれています。しかしテレワークに適応し、この危機を全社一丸となって乗り越えようとするチームワークを発揮している企業も多くあります。

一体感のある企業とない企業の差はどこにあり、危機を乗り越える組織が取り組むべき最優先事項がなんなのか――経営破綻したJALをたった一年で再建し、未だ打ち破られることのない過去最高収益を生み出した立役者・大田嘉仁氏と、ITバブルの崩壊・リーマンショック・東日本大震災と数々の危機を乗り越えてきたFringe81 代表取締役CEO 田中弦が、「今だからこそ」伝えたい、危機に強いチームの作り方を語ります。

とは

働く仲間同士、異なる部門同士、企業と個人が相互理解を深めたら、組織はもっと強くなる。「あなたの組織を一歩前へ進めるウェビナー ONE TEAM Lab」は、変化に対応できる強くしなやかな組織をつくるためのウェビナー。

組織課題解決のプロ、識者、実践者を毎回ゲストにお呼びし、予測不可能な時代を生き抜く組織のあり方を共に考え、実践のヒントをお伝えします。周りをお誘い合わせの上、お気軽にご参加下さいませ。

このような方におすすめしております

  • 企業経営に携わっている方
  • 「従業員のモチベーションアップ」「部署間の連携強化」「行動指針の浸透」など、自社や自部署の組織課題解決を自社で推進したい方
  • 働き方改革プロジェクトをミッションに持っている方

ウェビナー概要

日時

2020年5月28日 10:00~11:00

プログラム

  1. 未曾有の危機によって組織に起きる3つの課題
  2. 10年に一度の危機の到来を前提とした時に経営者がすべきこととは?
  3. 今、コロナ危機と戦う経営者・人事トップの方々へお伝えしたいこと

※当日はzoomにて質問も受け付け、随時回答させていただきます。

定員

500名

使用ツール

Zoom(事前にご利用手順をご案内いたします)

参加費

無料

登壇者プロフィール

  • 大田嘉仁 氏

    大田嘉仁 氏

    立命館大学卒業後、京セラ入社。ジョージワシントン大学ビジネススクール修了(MBA取得)。秘書室長、取締役執行役員常務などを経て、2010年、日本航空会長補佐・専務執行役員に就任。15年、京セラコミュニケーションシステム代表取締役会長、17年に顧問に就任(18年退任)。現在は立命館大学評議員、日本産業推進機構特別顧問、鴻池運輸社外取締役ほか、新日本科学、数社の顧問、(株)MTG取締役会長を務める。

  • Fringe81株式会社 代表取締役CEO Uniposファウンダー 田中弦

    Fringe81株式会社 代表取締役CEO
    Uniposファウンダー
    田中弦

    1999年にソフトバンク株式会社にインターネット部門採用第一期生として入社。ブロードキャスト・コム(現Yahoo!動画)の立ち上げに参加。その後ネットイヤーグループ創業に参画。 2001年コーポレイトディレクション入社。 2005年ネットエイジグループ(現UNITED)執行役員。同社のモバイル広告代理店部門立ち上げにかかわる。

    2005年Fringe81を創業、代表取締役に就任。2013年3月マネジメントバイアウトにより独立。2017年6月、東証マザーズへ上場を果たす。同月、自社の経営課題を解決してきた社内制度をサービス化し、ピアボーナス『Unipos』をリリース。テレワーク中も従業員同士の相互理解を深め組織の生産性を上げるwebサービスとして340社に利用されている。

ご注意事項
  • 同じ会社内で複数名でのご参加を予定されている場合には、お一人ずつ当フォームにてお申し込み下さい。
  • 既にUniposを導入予定の経営者・役員の方は、実際に導入を担当される方とのご同席を推奨しております。
  • 本ウェビナーは自社でプロジェクトを推進される方を対象としております。
    代理店様・コンサルティング企業様のクライアント様へのご提案を目的にしたご参加 はご遠慮いただいております。
  • 当日生配信となりますため、機材の都合により多少開始時間の遅れが生じる場合があります。
  • ネットワーク環境やお使いのデバイスによって、表示に差異が出る可能性があります。予めご了承ください。

実施の流れ

お申し込み完了後、当日の1週間~5日前を目安に当日アクセスいただくzoomのURLをお送りします。当日お時間になりましたら、当該URLにアクセスの上、ウェビナーにご参加ください。

お申し込みフォーム

本ウェビナーの受付は終了いたしました。